就職 面接 こちらからの質問

こちらから質問していいか?

 

面接の終盤で、あるいは中盤かもしれませんが、
先方がいきなり、
「私の会社に対して、あなたの方から何か質問はありませんか?」

 

そのような時は、奥ゆかしいところを示すために、
質問などはせずに
「特にありません。」
と言おう。

 

なんて、先輩や友人に教えられて、鵜呑みにしていませんか?

 

これは誤りです。
それも、致命的な誤りです。
これで、この会社は不採用決定!ですね。
先輩や友人の言うことなんて、話半分にも満たないものです。

 

先方が、「質問はありませんか?」
と言ったとしたら、それは
「質問してください」
ということだと思ってください。

 

なんでもいいので、必ず質問してください。
もし、ここで質問しないと、
「うちの会社にあまり興味のない人なんだな」と
思って、
「じゃあ、もっとうちの会社を好きな人を選ぼう」
となり、あなたは不採用です。

 

 

それほど、この
「質問してください」は、重要な提案なのです。
必ず応じるようにしましょう。

 

相手、すなわち面接官は、
あなたのことを少しでも知りたいと思って、
いろいろな質問をします。
「そちらから質問をしてください。」
というのも、あなたのことを知る大きな手がかりになります。

 

ですから、質問はしていいですよ。
その会社に対して、あなたの純粋な疑問点
どんどん聞いてみましょう。

 

それが相手からの評価を高めることになりますよ。

 

 

その他にもある、就活に関する都市伝説!