就職 面接 スーツの色

就職 面接 スーツの色

 

目立つといえば、まずは外観!
面接の時に着て行くスーツについてです。

 

就活スーツは、一般に真っ黒で
下には白のワイシャツを
男性だったら
ストライプのネクタイ、しかも青系。

 

誰も彼も同じ格好をしています。
まるで区別がつきません。
印象にも残りません。
どうして同じ色のスーツなのですか?
冠婚葬祭でもあったのでしょうか?

 

就活でやらなければいけないことは、少しでも目立つこと。
相手に、いい印象を与えること。
相手というのは、あなたが就職したい会社のことです。

 

一緒に就活をしている友達や、
就職課の先生ではありません。

 

もちろん、悪目立ちはよくありません。
しかし、ほかの人達と同じ格好をして、
相手に区別がつかないようにしていては、
自分からわざわざ不利な状況を作っているようなものです。

 

少しでいいので、わかりやすく、目立ちましょう。

 

スーツの色は黒じゃなくても、仕事はできます。
むしろ社会人で、真っ黒のスーツで
仕事をしている人の方が少ない。

 

少し明るい色にしたらどうですか?
白いシャツを変えてみてはどうですか?
センスのいいアクセサリーをつけてみてはどうですか?
青じゃないネクタイを締めてみたらどうですか?

 

できれば、自分の似合う色を把握しているのが一番です。
自分自身のパーソナルカラーを知り、
自分を演出できるぐらいの技能がある人が仕事もできそうな感じがしますよ。

 

 

外観はOKでも、気になるのは面接で何を口走るかですね?