転職 履歴書 学歴

転職 履歴書 学歴

 

Q.学歴はいつから書き始めるのでしょうか?

 

A.中学校卒業から書き始めましょう。

 

日本の教育制度は義務教育が中学校までです。
ですから、中学校は誰もが卒業しているとみなします。
その後が、学歴として知りたい部分です。

 

「義務教育は、ここで終わりましたよ」
という目的で、転職の履歴書などでは中学校卒業から書きます。

 

 

これはあくまでも一般的な転職の履歴書の話ですが、
中学校卒業から書き始めると問題はないでしょう。

 

 

この限りでないのが、
応募した転職先の会社が履歴書のフォーマットを指定した場合です。

 

その履歴書に「最終学歴」と、書いてあれば
最終学歴だけを書きましょう。

 

エントリーシートなどでも「最終学歴」は、見かけます。

 

 

書き方で迷うのが「中退」ではないでしょうか。

 

「高校中退」あるいは「大学中退」などですね。

 

「中退」即ち途中まではちゃんと勉強しました。
そこをアピールしたい場合は、「中退」も書きましょう。

 

 

【宅建Jobエージェント】

 

ここではふたつの方法を紹介します。

 

 

ひとつめは本人希望記入欄を活用する方法です。

 

この欄は、転職先に自分の希望を書く欄ですが、
その目的では、あまり活用されていません。
「特になし」などと書くのが普通です。

 

しかし、わりと広めにとってあります。

 

本人希望記入欄は
履歴書のフォーマットでは書ききれなかったことを書く、
自由記入欄と考えて、差し支えありません。

 

転職先に自分の思いを伝えるのに
ある程度活用できます。

 

「中退」のことを書きたいのであれば、
「○○中退 一刻も早く社会に出たいと考えました」
「○○中退 自らの進路を悩んだ末に、社会に出ることにしました」
などと、書いて構いません。

 

 

ふたつめは「学歴欄」に書いてしまう方法です。

 

問題は、大学中退・高校中退を書けるかどうかですね。
転職をする時の履歴書では、概ね「記載可」です。
特に問題はありません。

 

そのまま「中退」と、書きましょう。

 

ただし、最終学歴は最後に卒業した学校ですから
中退した学校は記載できません。

 

転職時の通常の履歴書には、
最終学歴を記載するところはありませんが
応募した会社から
フォーマットを指定された場合には注意が必要です。

 

転職の履歴書は、自分のアピールのために書くということを
忘れないようにしましょう。