転職 履歴書 手書きかパソコンか

転職 履歴書 手書きかパソコンか

 

転職の履歴書は

Q.手書きがいいのでしょうか、パソコンで作成するのがいいのでしょうか。

 

A.結論を言えば、パソコンで作成したほうがいいです。

 

もちろん、スマホで書いてもいいです。

 

 

実は、この転職の履歴書は手書きかパソコンか問題は
キャリアカウンセラーの中でも
意見の分かれるところです。

 

今でもかなりの数のキャリアカウンセラーが
履歴書は手書きがいいと指導しています。

 

 

それぞれ、メリット・デメリットがありますので、
整理してみましょう。

 

片方のメリットは、もう一方のデメリットですので、
ここではメリットだけを列挙します。

 

 

手書き履歴書のメリット

(1)美しい文字が書けることをアピールできる。
(2)作った人の気持が伝わるかもしれない。
(3)字が汚くても一生懸命一字一字書くことによって熱意が伝わるかもしれない。
(4)パソコン操作ができなくても作れる。
(5)パソコンを持っていなくても作れる。
(6)手書きの履歴書が大好きな経営者にはアピールできる。
(7)今時珍しい。
(8)実は、安易に作成できる。

 

 

パソコン作成履歴書のメリット

<1>パソコンのスキルを示すことが出来る。
<2>パソコンのフォントだと読みやすい。
<3>字が汚くても、関係ない。
<4>修正が容易。
<5>履歴書が汚れにくい。
<6>短時間で作成できる。
<7>保存、複製が容易。
<8>ある程度は使い回しが出来る。

 

手書きのメリットはたぶんに情緒的なものが多いようです。
一方、パソコン作成のメリットは、技能的なことが多いようです。

 

人情味が大事な会社への入社を希望する人は、手書きがいいかもしれません。

 

 

MS-Japan

 

 

キャリアカウンセラーでも、情緒的な人やお年寄りは
手書きを勧める傾向にあるようです。

 

スキルをアピールしてほしいキャリアカウンセラーは
パソコンを勧める傾向にあります。

 

当サイトの管理人もスキル重視のキャリアカウンセラーですから、
当然パソコン作成を勧めています。

 

 

ここで、注意が必要なのは、採用担当者は意外と情緒的な人が多いため、手書きを珍重する人もいます。
手書きだから採用される例も確かに存在します。

 

しかし、仕事をする現場はスキルを重視します。

 

 

 

ところで、もうひとつ忘れていけないのは、
手書きであろうが、パソコン作成であろうが、

 

「履歴書は代筆が可能」と言う事実です。

 

 

履歴書は字がとっても上手い人に代筆してもらい、
採用を勝ち取った場合は、それなりの期待をされています。

 

いざ仕事を始めて、美しい字が書けなければ、
がっかりされます。