履歴書 志望動機 書かない

志望動機欄は思いつかななかったら空欄でもいいのでしょ?

志望動機欄は思いつかななかったら空欄でもいいのでしょ?

 

ダメです。
志望動機欄は思いつかなかったら空欄でもいい
などということはありません。

 

志望動機は、職務経歴書に書いたので
履歴書の志望動機欄は空欄でもいいのでしょ?

 

ダメです。
職務経歴書に書いたとしても、履歴書にも書きましょう。
「職務経歴書参照」などと書いてはいけません。

 

 

履歴書で、最も力を入れないといけないところは志望動機です。

 

採用側として大事な情報は、
あなたが、どれだけ一生懸命その会社で働いてくれるかです。

 

どんなに立派な経歴を持っていても
どんなにスキルが高かったとしても
どんなに難しい資格を持っていても

 

自分の会社でちゃんと働いてくれないと仕事になりません。
突き詰めれば採用側は、その一点で人材を探します。

 

志望動機欄に何も書いていないと、お話になりません。

 

極論ですが、履歴書は志望動機を読ませる書類といっても過言ではありません。
思いつかないのではなくて、
ここを書くための書類だと思いましょう。

 

逆に言えば、
経歴や資格やスキルが物足りなくても
一生懸命働きますという気持ちが伝われば
逆転の可能性アリ!ということです。

 

自分が、どんなにかこの会社に入りたくて、
採用してもらったら、
いかに一生懸命働くつもりかを、それこそ、一生懸命書きましょう。

 

しかし、スキルも大事でないわけではありません。
特に大事なのは、一般的な、このスキル。